◆介護とは◆

介護とは

高齢者・障害者・病人など日常生活に支障のある人を家庭内で家族が支えあい、助け合うことを「介助」「介抱」「扶養」などと表現します。家庭機能の低下などを背景に1960年代高齢者の在宅福祉施策としてホームヘルパー派遣制度が登場しました。そしてホームヘルパーの行う食事介助・入浴介助などの仕事内容を「介護」と呼ぶようになり、一般化されてきました。 医療福祉の分野では、介護の意味に近い用語として、ケアマネジメント、コミュニティケアなど、外来語の「ケア」が使われています。場面によって、介護やケアの概念は微妙に異なっていることもあり、学問的には、まだ確立しているとは言い難い状況です。


社会と時代に求められる価値ある人材になる。
ふれあいとやりがい、そして感動と社会的ニーズの両立。


ますます「少子高齢化」がすすむ現代、2015年には4人に1人が、2025年には3人に1人が高齢者となります。去る2000年4月には「介護保険制度」が施行され、多くの介護職の養成がなされ、30万人以上がホームヘルパーの資格を取得しました。 そして国は方針を“量の確保から質の向上”にし、より高度で専門的な知識や技術を求められ、介護職の必須資格を国家資格の『介護福祉士』となりました。社会的ニーズがあるお仕事、介護。資格制度がある一方で、介護の人手不足は深刻化しています。事業所毎に無資格未経験の方も積極的に受け入れ、実践しながら人材育成も行っている施設や事業所も多く見られます。



介護のポイント・・・

介護を理解するうえでおさえておきたいポイントをまとめています。
介護従事者に必要な3Hから、利用者の「その人らしさ」を支えることまで、大切なポイントをまとめています。
                    【詳しくはこちらへ】

介護サービスの特徴・・・

介護は人と体面するサービスであり、介護サービスだけの特徴などをまとめています。「ほっとけあ」「他人以上身内未満」などの言葉もあります。
                    【詳しくはこちらへ】

介護の基本原則・・・

介護をするうえでの基本中の基本をまとめています。 介護のお仕事は「他者の人生に関わる」とても責任ある仕事です。
                    【詳しくはこちらへ】

介護と看護の違いは何?・・・

介護と看護の違いは何でしょう。同じようで異なる部分もあります。それは一体何でしょう。
                    【詳しくはこちらへ】

介護に関する様々な資格・・・

介護に関する資格はとてもたくさんあります。国家資格から民間検定まで。あなたはどの資格を取ろうとお考えですか。
                    【詳しくはこちらへ】

介護の様々な施設・・・

施設も様々です。高齢者のご自宅を訪問し介護する訪問介護から、施設内で生活するご利用者様を介護する特別養護老人ホームまで。
                    【詳しくはこちらへ】

資格別平均年収・・・

資格により給与が異なってきます。ご参考までに。
                    【詳しくはこちらへ】

様々な雇用形態・・・

お仕事は正社員、パート、派遣スタッフなど様々です。 あなたのライフスタイルに合わせた働き方をみつけて下さい。
                    【詳しくはこちらへ】

介護用語集・・・

介護を知る上で知っておきたい用語をまとめています。
                    【詳しくはこちらへ】