疲れの症状は2種類あります。「体」と「気持ち」に起こる症状です。体がだるいなどの症状が「体の疲れ」、 やる気が起きないなどの症状が「気持ちの疲れ」となりますが、これらの症状を約6割もの人が感じると言われています。 「体の疲れ」の症状は体全体のだるさ、倦怠感などの症状と目、腰、肩、膝の痛みやこりなどの症状に分類されます。 「気持ちの疲れ」は体の痛み、こりと同じくらいかもしくは、それ以上の大きな疲れとして受け取られる場合が多いようです。    【続きを見る】

・疲れをとるストレッチ

・疲れをとる手と足のツボ

・疲れをとるマッサージ






貧血・低体温・低血圧・ホルモンバランスの崩れなどが疲れの原因となります。疲れやすい、体力がないといった方は改善 する方法があります。体力がなければ体力をつけると良いでしょう。とはいっても実際に何をすればいいのでしょう?                 【続きを見る】

・短期間で体力なら

・はじめやすい体力づくり

・体力をつける筋トレ

・体力をつけるサプリメント





介護のお仕事はやりがいや喜び・楽しみなどがあります。しかし、同時に心身にこたえるのも隠せない事実です。介護とは、喪失したあるいは低下した身体と精神の機能の回復を支援し、日常生活動作(ADL)の向上と生活の質の向上を目的とした行為です。しかし、介護する人が介護によって心身に変調をきたしてしまえば、よりよい介護ができないことはいうまでもありません。               【続きを見る】





背骨は身体の中心にあり、頭から内臓、手足までを支える大切な柱です。30個近い骨が積み重なっており、その間には椎間板という柔らかい組織があってクッションの役目を果たし、運動による衝撃を和らげています。                                      【続きを見る】

・腰痛の原因

・生活改善で腰痛予防

・腰痛予防体操

・腰痛とストレス

・腰痛予防の食事